クロッシング

main

main

date

<ルミネ ザ カルチェラ> によるかけ合わせで、アーティストやクリエーターがジャンルを超えてコラボレーション! トークショー、ライブ、マーケットなどを通じ、出会いや発見につながる、次世代のファッションエキシビションをお楽しみ下さい。

TALK SHOW
  • TALK SHOW01詳細を見る
  • TALK SHOW02詳細を見る
  • TALK SHOW03詳細を見る
LIVE
  • LIVE01詳細を見る
  • LIVE02詳細を見る
  • LIVE03詳細を見る
INSTALLATION
  • INSTALLATION詳細を見る
MARKET
  • MARKET詳細を見る
  • TIMETABLE

TALK SHOW

アーティストやクリエーターが繰り広げるクロストーク!自分らしく服を纏うこと、未来のクリエーションについてなど、生の声をお届けします。

2018/5/26SAT 15:00-15:40

talk_photo01
2018/5/26SAT 15:00-15:40

「未来の私たちは何を着る?」

鋭い感性や広い視点を持つおふたりが考える、未来の服とは?これからの時代を生きる私たちのためのファッションを考察します。

応募する

コムアイ  2013年より「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして音楽活動を行う傍ら、〈DOLCE&GABBANA〉の2017-18秋冬のミラノコレクションではランウェイを歩き、2017年「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR」を受賞。映画「猫は抱くもの」(6/23公開)に役者として出演するなど、様々な活動を行う。現在、最新曲『見ざる聞かざる言わざる』が配信中。最新EP『ガラパゴス』は6/27にリリース。6/30、7/1には河口湖ステラシアターにて野外ライブの開催が決定している。

青木明子  女子美術大学卒業後、セントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。帰国後、〈MIKIOSAKABE〉に師事し、〈writtenafterwards〉の山縣良和氏が主宰する「ここのがっこう」に参加。2014年〈AKIKOAOKI〉をスタートし、2015年春夏、東京コレクションデビュー。

photo

2018/5/27SUN 13:00-13:40

talk_photo02
2018/5/26SAT 15:00-15:40

「私が偏愛する服」

服への深い愛によって響き合うおふたりに、ずっと好きな服、表現者として纏う服、お買い物にまつわるエピソードなどを語っていただきます。

応募する

夏帆  2004年に女優デビュー。2007年の映画『天然コケッコー』で日本アカデミー賞を始め数々の新人賞を受賞。近年の出演作品には、映画『海街 diary』『ピンクとグレー』『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』、ドラマ『予兆 散歩する侵略者』『監獄のお姫さま』などがある。2018年5月25日には映画『友罪』、2019年春には主演映画『きばいやんせ!私』の公開を控えている。

山本マナ  『Lula japan』『FIGARO』『GINZA』等、ファッション誌を中心に、広告、カタログ、アーティストのスタイリングを手がける。2009年に初の作品展「pleasure land」を開催。2014年には〈KBF〉発行のフリーペーパーの特別編集版『THE SURGE』をディレクションする。

応募する

2018/5/27SUN 15:00-16:00

talk_photo03
talk_photo03
2018/5/27SUN 15:00-16:00

「服の地図」

記憶に残る服、旅先で出会える服、あの人が着ていた、また会いたい服。三人の今を形作る「服の地図」を具体的なお店も交えて紹介。永原さんのミニライブも。

sheis

「She is」とは?
She isは「自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ」。女性アーティストやクリエーターを含む“GIRLFRIENDS”たちによる声とともにウェブマガジンやギフトを発信しています。

応募する

前田エマ  2015年、東京造形大学を卒業後、ウィーンアカデミーに留学経験を持ち、在学中からモデル、エッセイ、写真、ペインティング、朗読など多岐にわたって活動。現在、OZ magazine「夜のよりみち あしたのワンピース」、She is「服にあう」、marie claire 「アートのとなり」を連載中。2018年3月には個展「失う目」を開催した。

永原真夏  2015年よりソロプロジェクト〈永原真夏+ SUPER GOOD BAND〉を始動。数々のEPリリースを経て、2018年3月にソロ初となるフルアルバム「GREAT HUNGRY」をリリース。作詞・作曲はもちろん、グッズのデザインなども手がける。〈SEBASTIAN X〉のヴォーカリスト、〈音沙汰〉としても活動している。

野村由芽  音楽、アート、デザイン、映画、演劇情報などを伝えるカルチャーニュースサイト「CINRA.NET」の企画編集を行いながら、2017年にライフ&カルチャーコミュニティ「She is」を立ち上げ、編集長に就任。2018年5月開催の『SNS 展#もしもSNSがなかったら』の企画制作も手がける。

応募する

【トークショー観覧について】
各回のトークショーへのご観覧については事前に応募抽選を行います。トークショーの観覧優先エリアには、入場券が必要です。事前に特設サイトにてご応募ください。当日トークショーのご観覧には事前に当選したお客様から優先して観覧優先エリアにご案内致します。事前にご応募頂いたお客様をご案内後、当日キャンセル枠や立ち見エリアを一部開放致します。
※自然災害、出演者やその他の都合により、やむを得ずイベントの全部または一部を中止または変更させていただく場合があります。予めご了承ください。イベントが中止、延期となった場合も交通費や宿泊費等の補償は致しません。会場内・外で発生した事故・盗難等は、主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。貴重品を含む物品は各自で管理をお願いします。事故・混乱防止のため、またお客様全員がスムーズに入場できるよう、スタッフの指示には必ず従ってください。スタッフの指示及び注意事項に従って頂けない場合、入場をお断りする場合や、イベント自体を中止することがあります。

LIVE

心の琴線に触れる楽曲や演奏で注目を浴びる若手ミュージシャンが登場。ジャンルや国籍を飛び越えた、エネルギー溢れるステージをお届けします。

Se So neon_photo

韓国インディーシーンの最重要新人バンドが初来日。
フレッシュ感だけでなく、往年のロックスターさながらの貫禄やグルーヴが炸裂するステージは圧巻です。

Se So Neon  2016年韓国ソウルで結成。ブルース、ジャズ、サイケデリック・ロックからニューウェーブまで、幅広い影響を反映した独特のヴィンテージ感があるサウンドを追求し、類い稀な新人バンドとして早くから注目を集める。2017年にデビューシングル『長い夢』、EP『夏羽』をリリースして絶賛を浴び、インディーの枠にとどまらず、K-POPアーティストからも高く評価されている。

Rei_photo

卓越したギタープレイとボーカルで、観るものを圧倒する実力派。ライブでは、キュートさとクールネスのギャップにも注目です。

Rei  幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターを始め、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽制作を始める。2015年、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1st ミニアルバム『BLU』でCDデビュー。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONICなどの国内外のフェスに多数出演。2017年秋、日本人ミュージシャンでは初となる「TED NYC」でライブパフォーマンスを行う。2018年CD+MUSIC FILM『FLY』を発表し、全国7か所のリリースツアー「FLYING R TOUR」の成功を収めた。

The Wisely Brothers_photo

女の子たちの会話を聞いているような親しみやすさとオルタナティブな側面を併せもつガールズバンド。日常にすっと溶け込み、パワーを与えてくれるはず。

The Wisely Brothers  都内高校の軽音楽部にて結成。真舘晴子(Gt.Vo)、和久利泉(Ba.Cho)、渡辺朱音(Dr.Cho)からなる、オルタナティブかつナチュラルなサウンドが話題のガールズバンド。2014年、下北沢を中心に活動を開始。2018年、1st フルアルバム「YAK」を発表し、東名阪のリリースツアーを敢行。全国各地にリスナーを増やしている。

INSTALLATION

〈ルミネ ザ カルチェラ〉がセレクトするファッションブランドが、新鋭アーティストとコラボレーション。個性が織りなすインスタレーションをご覧ください。

4ブランド×高橋マナミ4ブランド×高橋マナミ

写真家・高橋マナミが4つのブランドの2018S/Sルックを撮り下ろし、会場のタペストリーとスクリーンを彩ります。

4ブランドイメージ
  • AKIKOAOKI 現実に潜むファンタジーを主題とし、ファッションを生きる行為そのものと捉え、纏う人の生き方や姿勢が感じられる衣服を提案する。①
  • RIDDLEMMA riddle(謎)とemma(人名)の造語。テーマに基づいた独特なパターンで年齢や性別にとらわれない表現を試みている。②
  • NON TOKYO “IN TOKYO"をテーマに、大人の女性のためのストリートウェアを展開。スポーティーな中に女性的な要素が散りばめられている。③
  • TAGE ミニマリズム×ファンクショナル×クリーン。カラーコンビネーションや切り替えテクニック等のコントラストが特徴のシンプルな表現を追及している。④
4ブランドイメージ
高橋マナミ高橋マナミ
高橋マナミ
ホンマタカシ氏に師事後、2011年よりフリーランスとして雑誌・広告・書籍等を中心に活動中。第34回キャノン写真新世紀佳作受賞。
kotohayokozawa×時吉あきなkotohayokozawa×時吉あきな

〈kotohayokozawa〉の2018A/Wコレクションをアーティスト・時吉あきなによる立体コラージュ作品とともに展示。ファッション表現の新境地を目撃してください。

kotohayokozawaイメージ
kotohayokozawa アパレル企業のデザイナーとして勤務後、2015年にブランドをスタート。「冷静を保つのはむずかしい。何でもない日々に収まりきらない気持ちを着る」をコンセプトに服作りをしている。
時吉あきな スマートフォンで撮影した犬を紙で出力し、原寸大の立体に再現した作品「ワンオール」で、第16回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞。平面と立体を行き来しながら独自の表現を試みている。
Jens×DRIPPINGJens×DRIPPING

〈Jens〉の2018S/Sインスタレーションを再現。その空間にデザインレーベル〈DRIPPING〉が上書きを施すことで、新たなアプローチを行います。

Jens 非日常を実用的に装うをコンセプトにアイテムを提案しているコンテンポラリーなドレスのレーベル。毎シーズン、アーティストと共にインスタレーション形式での新作発表を行っている。
DRIPPING 絵の具の飛び散りなど、偶然性・即興性の効果をもつ絵画技法「ドリッピング」からインスピレーションを受け、それぞれが独自の空間を作り上げることができるプロダクトを制作するデザインレーベル。
4ブランド×にしかわりょうた4ブランド×にしかわりょうた

アーティスト・にしかわりょうたのコラージュと4つのブランドのプロダクトがミニマムかつ有機的な空間を演出します。

4ブランドイメージ
  • SOAK design by heso バッグの概念にとらわれず、時に技術を用いた工芸品、合理的なプロダクト、それでいてファッションであるものを制作する。①
  • sushikatten 身に付けることのできるアート作品を提案。宇宙を構成するケイ素(Si)で出来ているガラスから身に纏える小宇宙を制作する。②
  • tête salon de chapeau 1951年設立のサロン・ド・シャポー学院のアトリエが作る帽子。少女性と大人の雰囲気、ふたつの溶け合いを表現する。③
  • YOSHIKO CHONAN 生まれてから滅びてゆくまでの過程で現れる予期せぬ美しさなど、心惹かれる要素を取り出し、ジュエリーとして提案する。④
4ブランドイメージ
にしかわりょうたにしかわりょうた
にしかわりょうた
古紙や印刷物を使ってコラージュを制作。2015年に初の展示「かたちと色の採集図鑑」を開催。以降、年1~2回のペースで作品展示を行う。
大阪在住。

MARKET

〈ルミネ ザ カルチェラ〉が独自の視点でセレクトした商品や参加アーティストの関連グッズを販売します。アーティストやクリエーターの想いが詰まったアイテムの中から、お気に入りを見つけてください。

ブランドイメージブランドイメージ

服、雑貨、アクセサリーなどを展示販売。デザイナーが来店して、お客さまのお越しをお待ちしております。

mannine
mannine
デザイナー 岸本万里
来店日時:5/26 12:00-19:00
オリジナル生地の小物やリビングアイテムを展開します。
RIDDLEMMA""
RIDDLEMMA
デザイナー 渡辺翼
来店日時:5/26 12:00-19:00
Tシャツやキャップなどをカラー豊富に取り揃えます。
alpaca to hana
alpaca to hana
デザイナー 有吉美由紀
来店日時:5/27 12:00-19:00
植物を用いたアクセサリーのカスタムオーダーを承ります。
tête salon de chapeau
tête salon de chapeau
デザイナー 中島千夏
来店日時:5/27 15:00-19:00
ヘアバンドやヘッドドレスなど、初夏のアイテムをご紹介します。
GOOD NEIGHBORS' FINE FOODSイメージ

GOOD NEIGHBORS' FINE FOODS
毎日の「食」を豊かにする、千駄ヶ谷のグローサリーストア。オリジナル商品を始め、国内外から集めた美味しくて体に優しい様々なアイテムを展開します。

GOOD NEIGHBORS' FINE FOODSイメージ

KEY VISUAL ARTIST

林香苗武_photo

KEY VISUAL:AGYNESS

時代を切り拓いていく女性をモチーフにしたドローイングを展示。あらゆる文化の交流地点や新しい考え方の起点となる空間を演出します。

林香苗武  武蔵野美術大学油絵科卒業後、東京を中心に活動。2011年より「平面表現における速度」を主題に制作活動を続け、速度を内包するモチーフを描いている。2015年に TETOKAにて横山裕一との二人展「浦島太郎殺人事件」、2017年にコ本やhonkbooksにて個展「スカイジュース」を開催。

KEY VISUAL:AGYNESS

WHAT is LUMINE THE QUARTIER-LA?

LUMINE THE QUARTIER-LA_photo

「QUARTIER-LA(カルチェラ)」は英語の文化=「Culture」とフランス語の解放区=「Quartier latin」を組み合わせた造語。次世代のファッションビジネスを担うブランド・クリエーターの発掘や育成を目的にルミネのインキュベーション企画として、2001年よりスタートしました。つくり手とお客さまが出会う場所であり、垣根を越えた交流の場。新たに芽吹いたクリエーションの種を育む場所です。