TIMELESS 2018 summer INTERVIEW

3

-
LINEN SKIRT

伊藤 信子Nobuko Ito

ー 伊藤さんにとってタイムレスとはなんですか?

「仕事柄、若いころはあらゆるジャンルのものに触れてきましたが、歳を重ねていくごとに自分に似合う色ってなんだろう? 素材ってなんだろう?と考えるようになりました。素材も色もシルエットも、肌の色や体型、年齢で似合うものが変わってくると思います。自分をよく知り、なにをどう着たいのか考えることがある意味タイムレスなのかな」

ー 実際に伊藤さんの着こなしも変わってきていますか?

「はい。例えば、デニムを買うとき、毎回“この形がベスト”だと思って買うわけですが、年々自分の体型も変わりますし、気分も変わります。デニムというアイテム自体は普遍的で、それこそタイムレスなアイテムだと思いますが、シルエットやデザイン、カラーはそのときの自分に合ったものを選んでいますね」

ー このリネンスカートについてお聞かせください。

「鮮やかな色を着るときは思いきって上下で着るのが好きなので、このパープルのスカートも同じリネン素材のトップスと合わせてセットアップで着るのも素敵だと思います」

ー 最後におしゃれを楽しむアドバイスをお願いします。

「おしゃれを楽しむためには気になったアイテム、形、色をどんどん試して考えて。失敗をおそれずに挑戦することを続けていってみてはどうでしょう? いろんなものを経て、自分に似合うものを見つけようと思えたら、おしゃれを楽しめるようになるのではないかと思います」

Profile

いとうのぶこ/スタイリスト岡部みな子氏に師事後、独立。ジャンル、テイストをこえた独自のスタイルが支持され、女性ファッション誌やブランドカタログ、広告など多岐にわたって活躍中。