TIMELESS 2018 summer INTERVIEW

5

-
RIB-KNIT

川上 さやかSayaka Kawakami

ー 川上さんにとってタイムレスとはなんですか?

「わたしの場合、ブランドや価格ではなく、実用的に着まわせるかどうか、オンでもオフでも着られるかということを重要視してものを選んでいます。自分の生活のなかに溶け込むものがタイムレスになるのかな」

ー 着まわし力があるアイテムとは?

「いろいろありますが、わたしにとっては、クルーネックのアイテムですね。20代後半ころから、自分の肌の色を考えて、デコルテの肌見せをあまりしないので、気がつけば、わたしのクローゼットは、ノースリーブもカットソーもニットもクルーネックのものばかり。特にホールド感があるクルーのネックラインが好きです」

ー クルーネックを着るときのアドバイスをお願いします。

「合わせるアイテムは年齢によって変わっていくと思いますが、顔まわりをすっきり見せることを意識しています。例えば、ロングヘアならまとめたり、少しウェットにしてボリュームをおさえたり。お出かけのときは、直線的なデザインや一粒ダイヤのアクセサリーを添えると品よくまとまります」

ー このリブニットについてお聞かせください。

「このニットは、まさにわたし好みのクルーネック! ネックラインの太めのリブも好きですし、かちっとした印象があるので、ペールトーンのロングスカートやライトブルーのボーイフレンドデニムを合わせたいですね。トップスがタイトなのでボリュームのあるボトムスがおすすめです」

Profile

かわかみさやか/ OLからスタイリストに転身。シンプル&ベーシックななかにも上品な女らしさが光る、リアルなスタイリングが人気で、『Oggi』(小学館) や大人の女性向けのウェブマガジン『mi-mollet』(講談社) などで活躍している。