TIMELESS 2018 summer INTERVIEW

6

-
BICOLOR BLOUSE

清水 奈緒美Naomi Shimizu

ー 清水さんにとってタイムレスとはなんですか?

「これは“一生モノ”と思って買ったものでも、サイジングやカラーリングの好みが折々に変わっていくので、そのときに自分が着たいものを着るように心がけています。わたしの場合、ものへの興味が尽きないので、苦手なものを決めつけず、そのときの気分を見極めて妥協しないこと。それがずっと変わらず大切にしているタイムレスな価値観だと思います」

ー そのときの気分に合うものはどうやって見つけていますか?

「仕事柄、普段行かないようなショップやブランドとの出会いもあり、毎シーズン、できるだけ多くのものを見るようにしています。定番アイテムもちょっとしたディテールが少しずつアップデートされたり、同じ色に見えても微妙にニュアンスが違っていたり。つねにワクワクしています。ものに触れたときに、いまの気分にフィットするものは自然と目に入りますし、呼び寄せられている気がします」

ー このバイカラーブラウスについてお聞かせください。

「このブラウスのように、ダークトーンとビビッドなカラー合わせは昔から好きで、私服でもスタイリングでもよく使います。青のトーンが異なるシャツを重ねたグラデーションコーデがおすすめです」

ー 最後におしゃれを楽しむアドバイスをお願いします。

「苦手なものを決めつけずに、変化を楽しむこと。つねに自由に、フラットにものを見ることで、ファッションがとても楽しくなると思います。同じアイテムも着こなし次第で、印象が変わるので、そのときそのときの自分の気分に合うスタイルを見つけてほしいです」

Profile

しみずなおみ/ファッション誌のエディターを経てスタイリストに。『SPUR』(集英社)、『GINZA』(マガジンハウス)、『フィガロジャポン』(CCCメディアハウス)を中心に、オーセンティックなものの良さをいかした柔軟なスタイリングに定評がある。