LUMINE MAGAZINE

SCROLL

FASHION

 

ひとつの空の下に、いくつもの未来を。

2022.05.09

2022年夏のルミネ広告は、弾けるような笑顔にフォーカス。複雑な要素が絡み合う時代の今だからこそ、笑顔と一緒に届けたい想いが込められています。

夏の空気感と開放感に包まれて、自由で明るい未来を描いていく

2022年春夏のテーマは、「Choice of Mine わたしなりの基準で、たしかなものを選んでいこう」。情報があふれ、複雑な時代の中で生きるからこそ、ルミネでは自分の価値観と向き合っていくことが大切だと捉えています。

年間を通して“笑顔”をテーマにするなか、今回はこれまでにないくらいの笑顔を前面に出したビジュアルを展開。夏の象徴でもあるスイカを手に持ち、靴を脱いで開放感に包まれながら笑顔を見せる姿は、制約の多い世の中で、自分の価値観をポジティブに捉え、明るい未来に向けて自由に進んでいこうという想いが詰め込まれています。

今回のコピーである「ひとつの空の下に、いくつもの未来を。」もそう。自分の価値観だけでなく、同じ時代、同じ空の下に生きるみんなの価値観を認め合って、もっと自由に、もっと明るく未来を歩んでいこうという願いが込められています。夏の空気感、開放感を感じていつもより気持ちをゆるめながらも、前向きに未来を捉えられたら自然に笑顔の輪が広がっていくはずです。

縦型バージョンと正方形バージョン。春のビジュアルと同じく、自由な雰囲気を感じる文字の配置に。

芯の強さをまとった、弾けるような笑顔

春夏で同じモデルを起用することが多いルミネの広告。2022年はこれからの活躍が期待されるモデルをシーズンごとに起用するという新たな試みにチャレンジしています。そんな中、今回のモデルを務めたのは、羽音(はのん)さん。ビジュアルを手がけるクリエイティブディレクターの尾形真理子さんが中心となって開催したオーディションで、100名以上の候補者のなかから選ばれました。
夏の日差しのような明るさ、そして可憐さを備えた表情は、やわらかくも芯の強さをまとっています。

ルミネの広告では珍しい満開の笑顔が印象的な今回のビジュアル。撮影現場での羽音さんとスタッフのコミュニケーションによって、自然な笑顔が引き出されました。

さらに動画では、マリンカラーの扉が開き、スイカを頬張る羽音さんの姿が映し出され、夏が訪れる時のワクワク感が表現されています。
移り変わりゆく時代のなかで前を向いて生きていくには、自分自身はもちろん、自分以外の人の価値観とも向き合うことが大切。開放感あふれる季節の訪れとともに届いた今回のビジュアルが、そうした未来に想いを馳せるきっかけになってくれそうです。


COMMENT
尾形真理子さん/クリエイティブディレクター、コピーライター
春に引き続いてテーマは「Choice of Mine」。
自分の価値観を形成するためには、多様な価値観を知らなければならない。
自分の価値観を信じられなければ、他者の価値観を尊重することもできない。
ファッションのいいところは、そんな小難しい理屈でこねくり回さなくても、
自分や他者の感性をみつめ、互いの価値観を楽しめるところだと思います。
同じ空の下にも、いくつもの未来があると思えば、今日を軽やかに過ごせる気がします。


---------------
Creative Director/Copywriter:Mariko Ogata
Art Director/Designer:Ken Okamuro/Erina Yokota
Photographer:Miss Bean(@missbeann
Cast:Hanon(@24_hanon
Stylist:Noriko Sugimoto(@norikosugimoto
Hair Make up:HARUKA TAZAKI(@harukadebeau
Producer:Takashi Aso
 

TOP