LUMINE MAGAZINE

SCROLL

FASHION

「食」や「暮らし」を通じたライフスタイルのご提案

  

心を着替えて、今日を進め。

2020.09.01

新しい日常の中で、私たちの生活は一変しました。
しかし、そんな日々の中でも、「わたしらしくをあたらしく」。ルミネの変わらない思いをお客さまに届けたい。
そんな思いで、今回新しい広告を作りました。

お客さまが、少しでも前向きに、毎日を過ごせますように。

広告には、ゆりやんレトリィバァさんにご登場いただきました。
彼女の持つ前向きでハッピーなパワーこそ、今のルミネがお客さまに届けたい思いです。

“心を着替えて、今日を進む”ヒント

ゆりやんレトリィバァさん、そしてルミネのショップスタッフ2名に、新しい日常の中でどんなことを感じているか、インタビューしました。今日を進むヒントを見つけてみてください。

ファッションは外見だけじゃなくて内面を左右してくるもの

ゆりやんレトリィバァさん

―憧れの女性はどんな人ですか?
ハツラツとした女性がめっちゃいいなぁって思います。恋愛とかして、相手に好かれようって無理して自分を変えるんじゃなくて、どんな時も心から笑って自分がブレない方って、憧れますね。嘘がなくて。わたし目が笑ってないって、たまに言われちゃうんですが・・・笑。

―ファッションってどのような存在ですか?
家を出るときにお気に入りを着ていたら、なんかその日は自信を持って、人に優しくできるんですよ。逆だと、ババババってぜんぶを終わらせて帰りたくなる。「なんか今日の自分、ダサいじゃん」って、家を出るまでは全然気がついてないんですけど。ファッションは外見だけじゃなくて内面を左右してくるものですね。

―毎日習慣にしていることはありますか?
納豆を作るのにハマってます!大豆から茹でて、24時間ぐらいかけて大量に作って、ラップに小分けにして、毎日食べます。腸内環境のためにいいと思うし、めっちゃおいしいんです!

―好きな本を教えてください
わたしは大学でも文学を専攻しておりましたし、人生の節々で多くの本との出会いを重ねてきましたが、やっぱり『地獄先生ぬ~べ~』ですね!!

―女優としては、どんな役にチャレンジしたいですか?
恐ろしい女の人です。人間の持っている狂気と普通の感覚、どちらも共存する深さや幅をちゃんと表現できるようになりたいなぁと思います。 

―どんなおばあちゃんになりたいですか?
みんなに「おばあちゃん、おばあちゃん」って言ってもらえる優しいおばあちゃんになりたいです。歳を重ねると我が強くなるとも言われますが、怒る人だけにはなりたくないです。




                      

ファッションは、自分が自分らしくあれるもの。

田中梨花さん(MOUSSY ルミネ立川店)

―憧れの女性はどんな人ですか?
祖母です。
中学2年生の時に亡くなってしまったのですが、
身体にハンデがありながらも誰よりも強く、いつも笑顔だった祖母が大好きで憧れの女性です。

―ファッションってどのような存在ですか?
自分が自分らしくあれるもの。
20代前半はお洒落に見せるためのものでしたが、
最近は自分らしい物を選び、自分をより自分らしく表現するものとして考えています。

―毎日習慣にしていることはありますか?
・毎朝の掃除機
・寝る前のストレッチと筋トレ
・足のマッサージ
・自粛明けからハマってるランチの特別メニュー
習慣がありすぎて挙げるときりがないかもしれないです...(笑)

―好きな本を教えてください
料理のレシピ本です。

―どんなおばあちゃんになりたいですか?
沢山笑って目の周りが笑いジワでしわっしわのおばあちゃんになりたいと
ずっと思ってます!
夢はもし孫ができたらおばあちゃんが昔着てた服可愛い!ちょうだい!
と言われることです!




                      

年を重ねることで魅力が蓄積される

平野範子さん(SHIPS ルミネ新宿店)

―憧れの女性はどんな人ですか?
自分自身が40歳を過ぎて、色んな世代の気持ちやスタイルを理解できるようになって改めて感じるのが、やはり女性として生まれてきたからには、何歳になっても女性としての魅力を表現している女性に憧れを抱きます。「年齢はただのナンバー」と有名な女優さんも言っていますが、年を重ねることで魅力が蓄積され女性として輝くのではないかと最近考えるようになりました。50代先輩のアクセサリーのつけ方や毎日のスタイリングがとてもステキで、アクセサリーで足し算、洋服で引き算をしています。それがショートヘアーの彼女とものすごくマッチしていて、メンズライクな着こなしと手元や首元の軟らかい部分でみせるアクセサリーづかいが混ざり合って彼女のスタイルを確立しています。経験をしてきたからこそできる表現なのでひと際目立ちますし、それを年齢に合わせた自然なスタイルにしている彼女にとても憧れます。

―ファッションってどのような存在ですか?
日々の生活に色をつけてくれる存在。仕事もプライベートもその一日を楽しくハッピーに過ごすためにスパイス的な要素の洋服を取り入れたり、シンプルな着こなしだけど自分にしか無いこだわりがあったり、自分にとってわかる範囲でいいのですが(笑)色んな意味で支えてもらっている部分は大きいかと思います。

―毎日習慣にしていることはありますか?
インナーケアを整えるようにしています。少なからずともストレスが無いとは言い切れず、その影響がカラダに与える影響は大きいと感じています。インナーケアを整え始めてから、風邪をひきにくくなったり、不調が緩和できるようになりました。朝は必ずハーブのエキスを混ぜたコップ一杯の白湯からスタートします。立ち仕事なので、むくみや冷え性の改善にも効果的です。

―好きな本を教えてください
最近は植物療法を学んでいるので、森田敦子さんの「感じるところ」や南上夕佳さんの「自然ぐすり生活」を何度も繰り返し読んでいます。人生100年時代を少しでも健康に過ごしていけるようにこの本から学ぶことが多いです。また、自粛中に読んだ川島蓉子さんの「エスプリ思考」もエルメスの歴史や理念が少しわかって面白かったです。

―どんなおばあちゃんになりたいですか?
小さな幸せに感謝、満足できて、毎日笑っていられる可愛いおばあちゃんになりたいです。私の母がそのお手本です。いつでもポジティブで、どんなことにも興味津々で、身内ではありますが見ていて飽きません。母も友人が多いので、お茶したり旅行に行ったり楽しそうです。私も友人達とともにそうありたいと願っています(笑)
STAFF LIST
CD/C:尾形真理子(Tang)
AD:関谷奈々(HAKUHODO CREATIVE VOX)
Photographer:安村崇
Stylist:菊池志真
Hair/Make-up:秋鹿裕子(W)
P:麻生峻司(Headlight)

関連記事はこちら
(WWDジャパン 2020年9月7日より抜粋)>>

TOP