LUMINE MAGAZINE

SCROLL

FOOD

 

バレンタインデーをペアリングでもっと楽しむ(前編)  by OZmall編集部

2021.01.19

ビーントゥバーチョコレート×オーガニックコーヒー

2021年もバレンタインデーシーズンが到来。ルミネは女性向けWEBメディア「OZmall(オズモール)」とコラボレートし、選りすぐりのバレンタインチョコレートを紹介しています。ルミネマガジンでは、OZmall編集部が2021年のバレンタインデーに注目しているキーワードをもとに、チョコレートをよりおいしく楽しむ方法をお届け。第1弾では、職人がカカオ豆から手作りする「ビーントゥバーチョコレート」とコーヒーのペアリングをご紹介します。
約100種のビーントゥバーチョコレートが壁一面を彩る「The Meadow」

こんにちは、OZmall編集部です。私たちがおすすめしたいのは、ビーントゥバーチョコレートとオーガニックコーヒーの組み合わせ。おいしさやパッケージの美しさはもちろん、 “エシカル”や“サステナブル”を意識した、体にも地球環境にもやさしい素材・製法であることがポイントです。今回はルミネ新宿のショップで見つかる、チョコレートとコーヒーの鮮やかなペアリングを紹介します。

ルミネ2の1階にある「The Meadow(ザ・メドウ)」は、世界中から集めたビーントゥバーチョコレートに出会える場所。チョコレートのほかにも、伝統的な手法で作られた約60種類の塩や、カクテルや料理の香りづけに使われるビターズ、暮らしを彩る花などが並ぶ、アメリカ・オレゴン州ポートランド発祥のクラフトフード専門店です。本国から直送した廃材を使った、温かみのあるインテリアも魅力。

「アメリカ、デンマーク、ペルー、国内など世界中から厳選した約30ブランド、約340種類のビーントゥバーチョコレートを揃えています。カカオの選別から、チョコレートバーになるまで一貫して製造するため、作り手の個性がより豊かに表現されているのが特徴です」と教えてくれたのは、The Meadow広報担当の奈良成実さん。バレンタインシーズンはよりチョコレートのバリエーションが豊富になるそうです。

おすすめペアリング①
スパイシーな大人のビターチョコレート×濃厚なエスプレッソ風ブレンド


The Meadowのチョコレートにぴったりなコーヒーは、同じく1階にある「ラルフズ コーヒー」で見つかります。こちらは「ポロ ラルフ ローレン」に併設するカフェ。力強く、風味豊かなコーヒー豆を3種類販売しています。

ビターチョコレート好きに試してほしいのが、The Meadowでゲットした「TribalCacaoトリニダード・トバゴ (カカオ70%)」(税込1200円)と、「Ralph'sオーガニックエスプレッソ」(283.5g・税込3024円)の組み合わせ。

トリニダード・トバゴ産のカカオ豆を使用したチョコレートは、口に入れるとオレンジの皮、ブルーチーズ、赤ワインのタンニンなど多様な味わいが広がり、驚くほどスパイシー。クリーミーでフローラルな口あたりのエスプレッソ風ブレンドコーヒーと合わせると、上品で繊細な大人の味わいになります。

おすすめペアリング②
カカオニブ入りのホワイトチョコレート×バランスのとれたブレンドコーヒー


甘いものが好きな方は、ホワイトチョコレートの「フリスホルム ホワイトニブ40%」(税込2376円)を主役に据えてみましょう。エクアドル産カカオバターと、デンマーク産ミルクにこだわって作られたホワイトチョコレートは、チーズのようなコクとミルクそのものが持つ甘さが楽しめます。贅沢に入ったカカオニブの香りと食感がよいアクセントです。

こちらは、コロンビア・ペルー・パプアニューギニア産のコーヒー豆を独自に配合した「Ralph'sオーガニックドリップコーヒーブレンド」(283.5g・税込3024円)と好相性です。やさしい酸味、ほのかな苦み、ほどよいコクとバランスが抜群で、ホワイトチョコレートの味わいや香り、余韻を存分に堪能できます。

ラルフズコーヒーの豆は、中南米・アフリカで有機栽培し、日本で焙煎。店頭でコーヒー豆を無料で挽いてくれるサービスもあり、ぺーパーフィルターやコーヒープレスなど、抽出器具に合わせた最適な挽き具合に調整してくれます。

ビーントゥバーチョコレートとオーガニックコーヒー。ルミネの両ショップでは、目利きのプロフェッショナルに選ばれた本格派の味わいに出会えます。2021年のバレンタインデーは、作り手のこだわりに触れるおうちカフェを楽しんでは?
■ポロ ラルフ ローレン / ラルフズ コーヒー
ルミネ新宿 ルミネ2 1F
電話番号 03-6258-1988
世界各国の主要都市で展開されている、ラルフ ローレンのカフェ「ラルフズ コーヒー」が併設されたストア。現代のプレッピーなライフスタイルを象徴する、オーセンティックでタイムレスなスタイリングを提案。

■The Meadow
ルミネ新宿 ルミネ2 1F
電話番号 03-6279-4347
アメリカ・オレゴン州ポートランド発祥のクラフトフードのセレクトショップ。アメリカのクラフトフード界の第一人者、マーク・ビターマンが世界中を旅して集めた塩とビーントゥバーチョコレート、ビターズ、そして花を扱う。ローカルなつながり、コミュニティを大切にするライフスタイルを提案している。  

■OZmall
1996年に「オズマガジン」 のWEB版としてスタート。独自の編集力を活かした特集記事や、高級ホテル・レストラン・ ヘアサロンなどがWEB予約できるプレミアム予約サービスを掲載。ユーザーを“女友達”と考え、会員350万人の支持を獲得している。

TOP