LMAP
LUMINE meets ART PROJECT

メインビジュアル

2019.10.01NEWoMan meets ART

NEWoMan KNIT FESTIVAL

蓮沼千紘 河本蓮大朗

  • #DISPLAY

秋の時期にマストで手に入れたい「ニット」にフォーカスしたキャンペーン。
各ショップで人気のニットを特集しご紹介したほか、館内外各所をニットを使った装飾で彩りました。
中でも、InstagramなどSNSでも人気の若手ニットデザイナー蓮沼千紘氏によるウィンドウやエントランスの装飾や、アーティスト河本連大朗氏によるニットの端切れを使った作品展示などは多くのお客さまから好評を得ました。

  • 期間
    2019年10月1日~10月31日
  • 場所
    ニュウマン新宿 1F エントランス前オブジェ、2F ウィンドウ、2F メインエントランス、2F アートウォール、4F エスカレーター横
  • 作品イメージ
  • 作品イメージ

アーティストイメージ

蓮沼千紘
2008年文化服装学院ニットデザイン科を卒業。大手アパレル企業のデザイナー職に就職。2011年に独立。自身が手がけるハンドニットブランドan/eddy(アンエディ)の作品は国内外で個展やポップアップショップをおこなう。独創的な作品は雑誌、広告、映像、ミュージシャンの衣装などに多く起用される。インテリア作品や店内装飾、屋外装飾、多ジャンルとのコラボレーションなどアパレルの枠にとらわれず編むという手法を用いた活動は多岐に渡る。

アーティストイメージ

河本蓮大朗
1991年神奈川県生まれ。2015年横浜美術大学工芸領域テキスタイルデザインコース卒業。2017年横浜美術大学彫刻コース研究生修了。布の質感やパターン、規則的な構造に興味を持ち、染織を学ぶ。手に触れる感触や、その布が持つストーリーなどを制作の上での重要な要素とし、制作を続けている。「ソニックアート@サマーソニック」(幕張メッセ千葉)での展示や、2015年現代芸術振興財団CAF賞入選、2017年SICF18森永邦彦賞を受賞するなど、注目される若手アーティスト。現在、ルミネ本社にて展示中。

NEWoMan meets ART

NEWoMan ART wall.
NEWoMan新宿にディスプレイを展開。展示作品を気に入ったら、購入、もしくはレンタルして自宅に飾れる新しいスタイルのディスプレイです。また、展示に伴ってアーティストやギャラリストのトークイベントを開催し、アートと人をつなぐコミュニケーションの場を提供しています。